先生

くるくるなめまいにソッコー効く|正しい知識で改善しよう

買うときの注意点

カウンセリング

補聴器の購入を考えたとき、お医者さんにかからず直接、販売店に行くのはおすすめできません。まず耳鼻咽喉科を受診して補聴器が必要な場合は、販売店を紹介してもらいます。そうすることで、販売店側も医師からの検査データーをもとに、しっかり対応してくれるのです。

詳細

聞こえにくくなったら

看護師

耳の聞こえが悪くなったと悩んでいる方におすすめなのが補聴器をレンタルできるサービスです。安い価格でレンタルして試すことができるので購入する前に自分に補聴器が合っているか確認することができます。ただ、レンタルの場合耳栓が既製品だったり慣れるまでに時間がかかることも考慮して使う必要があります。

詳細

しっかりと聞く為に

ナース

補聴器のお店の選び方として、信頼できるお店を選ぶために、実際にお店に行った方の評判を参考にするとよいです。また補聴器にも様々なタイプがあるので、お店に行ってからタイプ別の情報を知るのではなく、先に自分で調べておくことも大切です。

詳細

病気を知って克服しよう

頭を押さえる人

忙しい現代社会においては、めまいで悩む人が日に日に増えています。めまいの症状は大きく3つに分類されています。目が回ったような感覚に陥る回転性のめまい、体がふらついて倒れそうになる浮動性のめまい、そして立ちくらみをともなうめまいです。いずれも平衡感覚を失ったような感じになります。めまいの原因も大きく3つ指摘されています。三半規管に異常が生じていること、脳に異常があること、そして過度のストレスがあることです。このめまいを体の不調を示すサインと認識し、健康改善に取り組むことが推奨されています。めまいは放っておくと難聴になる場合や、時に脳梗塞のような重大な病気に起因することがあるため、医師に相談する必要があります。

めまいに苦しむ人は病院を訪れますが、この病気に精通した医師は日本には少ないため、しばしば「原因不明」という判断が下されることがあります。このような場合には精密検査を受け、重大な病気に起因するものではないことを確認しなければなりません。異常が見つからない場合には、鍼灸や整体を通してこの病気にアプローチすることも最近では一般的になっています。というのも、めまいには薬が効かないことも多々あり、必ずしも病院がこの病気を治療できるわけではないからです。もっとも重要なのは、ストレスをできるだけ排除し、早寝早起きなど健康的な生活を心がけ、免疫力をアップさせることです。喫煙者の場合は禁煙することによって免疫力を大幅に改善することができ、非喫煙者の場合は受動喫煙を避けることによって免疫力の低下を避けることが重要です。